友川カズキ


詩人・歌手・画家・競輪解説者・エッセイスト・俳優・酒豪・表現者。
真に自立して生きることが忘れられがちな現代にあって、無頼詩人のロマンを奇蹟的に体現するアーティスト。



映画『花々の過失』より:::


少年時代-中原中也との出会い
1950年2月16日、秋田県山本郡八竜村(現・三種町)生まれ。本名・及位典司(のぞき・てんじ)。河口に八郎潟が待ち受ける三種川の自然に囲まれながら、祖父母の手によって育てられた。
鵜川中学校(現・八竜中学校)時代は勉強嫌いで文学にも無縁だったが、図書館で偶然目にした中原中也の詩『骨』に衝撃を受け、自身も詩作を開始する。中学卒業後、バスケットボールの名門、能代工業高校へ進学、バスケットボール部のマネージャーを務めながら太宰治や小林秀雄などの文学書を乱読する。(バスケットボールのコーチも務め、のちのオリンピック日本代表選手を育てた人物としても知られる。)



「友川かずき」の誕生・・・1970年代

1970年代初め、日本では、ボブディラン等の影響でフォークソングが一大ムーブメントとなっていた。友川も影響を受け自身もアコースティック・ギターを独習し、それまで書きためてきた詩に曲をつけて歌い始める。
1974年シングル『上京の状況』をリリース、念願のデビューを果たす。その後、日本の反体制ロックバンド、頭脳警察のメンバーと知り合う。特にパーカッショニストの石塚俊明と意気投合し、以後彼は重要な音楽的パートナーとなる。
1970年代後半には、劇団と深くかかわるようになり、劇中歌を担当したばかりでなく、俳優として舞台に上ることもあったという。また、さらなる表現活動の場を求め、絵画にのめり込んだ時期でもあった。



画家・友川カズキ」の誕生

1985年、東京にて、初の個展を開く。美術評論家・ヨシダ・ヨシエに認められた結果だった。以後、全国各地で精力的に個展を開き、中上健次(作家)、福島泰樹(歌人)ら多数の芸術家、文化人から惜しみない賛辞を浴びることになる。



PSFレコードへ

1993年、前衛音楽やサイケデリック・ロック等の代表的なレーベル、PSFレコードから『花々の過失』をリリースすると、現代音楽の作曲家・三枝成彰に絶賛されたことも手伝ってか、それまでの廃盤が嘘のようにまたたく間に再プレスを記録。以後、同レーベルから着実にCDをリリースしていくことになる。特にフリー・ジャズのミュージシャンとのコラボレーション『まぼろしと遊ぶ』(1994年発表)は新境地を開いた作品として注目された。
また、音楽以外の代表的な作品に詩集『地の独奏』、絵本『青空』(文・立松和平/絵・友川かずき)、エッセイ集『天穴の風』などがある。近年は競輪解説者としても有名で、競輪専門衛星テレビ番組『スピードチャンネル』のキャスターや夕刊紙の競輪コラムの執筆でも活躍している。というより本人の日常的な関心は完全にそちらのほうに向いている。



映画音楽、そして海外公演へと活動の幅を広げる

2004年には、幕末時代の殺し屋・岡田以蔵をモチーフに、過去・未来を通じ、時間を超越した殺戮を繰り広げる様を描く三池崇史監督のカルト映画『IZO』にも出演。主人公の内面を象徴する歌手役として、劇中で5曲を歌う。また、2005年には若松光司監督の『17歳の風景』の音楽を担当するなど映画音楽の分野にも活動の幅を広げている。音楽活動もPSFレコードに移籍以来、1年に1作の割合でコンスタントにCDをリリース。2000年代からは海外でもその評判が高まり、スコットランド、ベルギー、スイス、フランスなど各地で公演をおこなう。2009年の秋には韓国公演、2010年春には欧州でツアーをおこなう予定である。
彼の作品は特に芸術家や文化人、マニアの間で人気が高いが、そのことは一般の人々には受け入れ難いということを意味していない。それは表現者としての潔癖な生き方が現象として現れた皮肉な結果なのであり、その作品が歳を重ねるごとに美しく透明に洗練されていくさまは、今後ますます多くの人々に自分が自分であり続けるための勇気を与えていくにちがいない。



友川カズキ 公式ウェブサイト www.kazukitomokawa.com / Myspace




友川カズキ






「友川かずきのうたが胸にしみいるとしたら、君は幸せだと思え。君にもまだ無償の愛に感応する心が残っていたのだ。無償の愛がまだこの人の世に存在すること、それこそが友川が身をもってあがない、あかししてくれたことなのだ。」  (『初期傑作集』/ 1989  寄稿文より引用)

大島 渚 (映画監督)





「天才的である。天才というと早熟をイメージする。だがそれは、一面でしかない。真の天才とは、唯一無二の独自のスタイルを保有している。天才の精神は、死の瞬間まで老いない。そして、天才の作品は、永遠の命を与えられる。友川かずきはそういう人間であり、そういう歌がこのCDに収められている。」(『ぜい肉な朝』/ 1996  寄稿文より引用)

かとうまさと(脚本家)





「秋田の狂い犬と称された男と初めて会った時、ビールジョッキにウィスキーを注いで呑んでいて、『藤沢さんッ、人間辞めねば駄目だねえ。きっちり殺さなければ駄目だねえ』と大きな猛禽類の目で見据えつつ爽快な白い歯を見せて笑った。狂気と暴力とデカダンス。だが、夢のある奇麗な瞳だった。この世にはない、というか、地べたの底から世間の水面裡に映る模様の、遥かむこうを見ている目だと思った。そして、独り、という悲しみや修羅を抱えている目でもあった。」 (『空のさかな』/ 1999  寄稿文より引用)

藤沢 周(小説家)




友川カズキvincent moontenmporary areas modest launch